三室山

本を読んだり映画を見たり、鉄道唱歌の旅に出たり

季節の読書・映画

突然ですが私は、アマゾンスチューデントと言う名の半額プライム会員です。プライムビデオ目当てに去年の今頃入って、それから1年間ドラマ、アニメ、映画と色々流しては刺し子をちくちくする、という新しい趣味を得ました。そんでもって更新する予定です。

プライムビデオはプライム会員特典の一つで、会員特典は他にも送料・時間指定無料とか、ミュージックとか、リーディング(電子書籍)とか色々あるんですけども。ついこの間までこの最後のプライムリーディングを知らなかったのです。

先日その存在に気づいて、まーどうせ月一冊無料の頃と同じく夢をかなえるゾウくらいしかないだろ...と思ってたら意外や意外、三浦しをんとか古典新訳文庫とかあるじゃん!

(昔はamazonが指定した電子書籍の中から月に一冊無料でDLできるよ! というリーディング特典だった)

 

というわけでクリスマスだからね。とりあえずクリスマス・キャロルを読んでみました。

 

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

 

 中学か高校の頃、英語のうっすい多読本で読んだおぼろげな記憶が正されていく......。

内容は、道徳の教科書を読んでいる気持ちになる。

寝る前にぼんやり読むのに良いかも。あと小学生...の低学年中学年とかが読むといいね! 古典新訳文庫は読みやすい!

 

 

東京ゴッドファーザーズ
 

 

せっかくなので季節の映画も。見たのは春とかだけど、東京ゴッドファーザーズ。名作。

無駄がない、良いテンポで進んで、みんな良い人たちです。ぜひ年末に観て、あったかくなりましょう! って感じ。